スターブランドCLUBについて

今月のマンスリーパック

2013年5月号

2013年07月05日
2013年5月号

あるテーマにおいて一定の基準をクリアしたことを、監査機関から認定を受けた企業を「認証ブランド」と呼びます。

たとえばコーヒーには、「レインフォレスト・アライアンス」という認証規格があります。
「レインフォレスト・アライアンス」は、伝統的な農法によってコーヒーを栽培し、熱帯雨林の保護に貢献している農家をサポートするための規格です。

「認証ブランド」になるためには、中立な立場にある監査機関から公正かつ厳正なチェックを受けることが必要です。このプロセスをクリアすると、その証として「認証マーク」が発行されます。「認証マーク」は、認証を受けた企業だけに使用が許されるロゴマークです。

企業はウェブサイトや印刷物、商品のパッケージなど、さまざまな場面で「認証マーク」を提示することによって、自社が「認証ブランド」であることを証明するのです。このアマガエルが目印の「認証マーク」があれば、レインフォレストを傷つけずにコーヒーを育てていますよ、という事実を証明できます。

ブラジル産のコーヒーを購入するのにも、今や味や価格だけが購買意思決定のトリガーではありません。このコーヒーがいつ、どこで、誰の手によって、どのように栽培されたのか? あるいは流通してきたのか? 「味も価格もそう変わらないのなら、環境保護に高い意識を持つ「レインフォレスト・アライアンス」の認証を受けた方を買おう! 」・・・とトレーサビリティを意識する消費者の数は、確実に増えてきています。

B to Bの企業間取引だって同じこと。たとえば産業分野には、ISOと呼ばれる国際的な標準規格がありますが、同じ製品やサービスであるのなら、環境に配慮をしながらも高い品質を保持しているISO認証の企業と取り引きをしたい、そう望んでいる企業は多いのではないでしょうか。

このように、社会や消費者の中で企業のブランド価値を高める効力を「認証マーク」は持っています。購買意思決定の手がかりのひとつとして、「認証マーク」はとても重要な役割を果たしているのです。

  • 2013年5月号
    6月後半より発送開始!

    OPENING ACT by 粉奈健太郎

    【1】カタチにしましたカウントダウン
     <新コーナー>村尾隆介が選ぶカタチにしましたTOP5

    【2】今月のカタチにしました
     新ロゴ、新ブランド、新ツール・・・他

    【3】今月のパーソナルブランディング
     会議室の王様 〜効果的なプレゼン資料〜

    【4】メンバーズ・チョイス
     ハートウォーミングオフィス 西大輔さん(精神科医)

    【5】今月の小さな会社のブランド戦略
     会議を変えれば、会社は変わる 〜ミーティングの整理整頓〜

    【6】村尾隆介のコンサルTIME
     <新コーナー>村尾隆介とのQ&Aタイム

    〈バックナンバーを購入希望のCLUB会員さまはこちらからお申し込みください〉

Text by Aya Murase

  • Home >
  • スターブランドCLUBについて >
  • 今月のマンスリーパック >
  • 2013年5月号