スターブランドCLUBについて

今月のマンスリーパック

2013年9月号

2013年11月01日
2013年9月号

会社の経営者は、社会における自分のポジションを確立することが大切だとスターブランド社は考えます。会社の規模は関係ありません。小さな会社であっても積極的に発言し、世の中とのコンタクトポイントを増やせさえすれば、影響力を持つことは十分可能です。

そのための手段として、みなさんには「書籍を出版する」ことを推奨してきました。テレビや新聞などのマスメディアに数回載るよりも、一冊の「書籍を出版する」ほうが強烈なインパクトを残すことができますし、伝えたいことをじっくりしっかり表現できるからです。毎月のシークレットセミナーでも、繰り返し出版の重要性をお伝えしていますよね。

しかし、一度も本を書いたことのない人が実際に「書籍を出版する」にはいったい何から始めたらよいのでしょう? スターブランド社の答えは「自分のメディアとしてブログを持つこと」です。具体的に言うと、出版をゴールに見据えたブログを開設し、そのコンテンツを充実させること。

ブログなんてインターネットの世界には溢れかえっていますから、本当に出版に結びつくものかどうか心配する声も聞こえてきそうです。その点においては、私たちはこの手法でスターブランドCLUBメンバーの出版デビューをいくつも実現してきた実績があるので胸を張って「大丈夫です! 」とお伝えしたい。ただし、この提案が実効性を保っていられるのも、2013年末くらいまでだとも併せて伝えたいのです。

というのも、電子書籍化がどんどん進み、そのぶん紙書籍での出版は激減するからです。そのため出版社は確実に売れる作家の本しか出さなくなり、新人のデビューが今までよりも圧倒的に難しくなるということです。事実、2012年度の電子書籍端末出荷は前年の42%増ですし、「学習系(ビジネス書、自己啓発、語学など)」市場は32億円規模、ジャンル別で2位の大きさです。そして電子書籍はリスクが少ないので、ある意味“誰でも出版できる”敷居の低いメディア“とも言えます。そのぶん、もちろんメディアとしての価値も低くなりる。だからこそ、紙での出版に価値が出てくるのです。だからこそ、紙での出版にこだわりたいのです。

もしも「いつかは書籍の出版をしたい」と本気で願っているのなら、先延ばしにするのではなく、今着手することがもっとも賢明な選択である、私たちはそう強く感じています。というわけで、今回は個人ブランド戦略として『出版のためのブログ』を始める! について提案します。

  • 2013年9月号
    10月後半より発送開始!

    【1】カタチにしましたカウントダウン TOP10(前編)
     「今月のカタチにしました」のコーナーから重要性が高いものを5つセレクト。
     解説からブランディングを学びます。

    【2】小さな会社のブランド戦略
     *シークレットセミナーのメインテーマ。
     小さな会社は、「切りくちの鋭いブログ」でブランディングをしていく。

    【3】カタチにしましたTOP10(後編)
     「今月のカタチにしました」のコーナーから重要性が高いものを5つセレクト。
     解説からブランディングを学びます。 

    【4】「結果」と「浸透」のためのリーダーシップ
     *ブランド戦略をスタッフに教え伝えるノウハウのコーナーです。

    【5】メンバーズチョイス
     メンバーのリクエストにより、会員を各地で1名ピックアップ!
     そのメンバーがブランディングの秘話や苦労話をシェアします。

    〈バックナンバーを購入希望のCLUB会員さまはこちらからお申し込みください〉

Text by Aya Murase

  • Home >
  • スターブランドCLUBについて >
  • 今月のマンスリーパック >
  • 2013年9月号