スターブランドCLUBについて

RYU Blog

日本には厚いリーダーが足りない。

2011年12月20日
ここで新しいプロジェクトについて発表します。

毎年、自分にとって全く新しい未知の"何か"にチャレンジをしている僕ですが、お次は「ラグビー」です(2012年開始)。

「30半ば過ぎて、ラグビー始めるなんて本気でバカでしょ?」
「遊ぶときも常に120%全力ですよね?」

いろいろ言われていますが(笑)、これこそが僕のアンチエイジング法。

ただやるだけではなく、とことんやるし、そこからめちゃくちゃ勉強をし、自分の血肉にしていく。世界を広げる。こんなに最高のことはないでしょう? それを止めてしまったら、世の中なんて正直つまらない。

あくなき好奇心を持つこと。
圧倒的な行動力を持つこと。
すべて向上心で動くこと。
この「3つのK」があって、僕は毎日成長しています。
このことは著書『29歳からのルール』にも書いています。




だから、次はラグビーです。
この時点で、僕はボールすら触ったことがありませんが...。

どこから話しましょう?
まずはキッカケからにしましょう。

数年前から僕がラグビーに興味を持っていることを聞いている人は多いと思います。
今回、そこを一歩進めたワケは...

1) 2019年にラグビーWカップの日本開催が迫っている。

・・・にも関わらず、日本のラグビー人気はひどいもの。TVの扱いも何もかも。最近、僕は勉強のために何度もトップリーグの試合に足を運んでいるし、先日のニュージーランドのWカップの前の壮行試合もスタジアムで観ていますが、いやはやひどい。日本のサッカーの25年くらい前の感じです。

ラグビーWカップは、サッカーのFIFAワールドカップ、夏季オリンピックに次いで、最も世界の人がテレビで観ているイベントと言われています。にも関わらず、観戦の仕方も分からず、それどころかスタジアムが埋まっていない日本の画像が世界に発信されるのは、僕は嫌です。

だから、まず「日本のラグビー人気の向上のために一役買いたい」。これがひとつ。実際、僕はスポーツ関係者に会うたびに、「ねえねえ、ラグビーの仕事あったらまわしてよ。絶対にやるから!」と言っているくらいです。

2) 日本には厚いリーダーが足りない。

これが2つ目の理由です。
僕は普段から「(男性の)ビジネスリーダーは、胸板がなくてはいけない」と言っています。

スーツが胸に乗っているような...。
シャツを着ていても、フィジカルを鍛えているのが分かるような...。
そんなリーダーが日本には、もっと必要です。

国際舞台で写真撮影になっても、背が低くても立派に見えるリーダー。

日本人の男性は、自分のフィジカルに気を配らな過ぎです。
パ-ソナルトレーナーをつけてでも、リーダーならばフィジカルに気を配るべき。
全然、信用度や説得力が変わってきますし、服の着こなし方も見違えます。

そこでコストを使っても、安い服でもカッコ良く着こなせるから、実はそっちの方がコスト安だったりします。

ご存じのように、僕は自在に数カ月あれば体重をプラスマイナス10キロの範囲で調整できますが、信じてください。細いときと、太いときでは、同じ話をしても、全然セミナーでも説得力が違うし、映像や写真の見栄えも違います。

だから、僕は日本にもっともっと胸板が厚いリーダーを増やしたい。
とはいえ、習慣化されていない人が、毎日筋トレするのは苦痛です。

だから、このラグビー企画を利用して欲しいのです。
一度でもいいので、圧倒的にフィジカルが一般的な日本人よりも大きいという部分を体験して欲しいのです。既成の服のアームホールがきつかったりという弊害もありますが、リーダーとしては価値が上がること間違いなしです。

3) 「肉食化宣言」の一環として...。

熱いスポーツは、人をいい意味で攻撃的にします。
だから、僕は格闘技もビジネスリーダーにすすめています。
僕自身、テコンドーで帯を持っているし(大学の体育で取ったので黒じゃないけど)、しばらくカポエラをやっていたし...。

ラグビーは、そんな意味でも丁度いいと思います。
また来年、真剣に僕も格闘技に取り組みたいと思います。


...と、他にも理由はありますが、この3つが大きな僕の理由です。

だから、3)の理由から、チームの名前を「東京キャベツロールズ(愛称ロールズ)」と付けました。見た目は草食でも、中身は熱い肉食。そして、胸板も日に日に厚くなる。そんな集団にしたいと思います。

目指すは、2012年10月末に行われる、35歳以上のラグビーの世界大会「ゴールデンオールディーズ」です。実は、この大会の存在を知ったことが、大きな後押しになりました。

サイトを見てもらえれば分かりますが、これはブランド化された世界を転戦してまわっているイベント。最高じゃないですか! 僕も、こういう大会のオーナーになりたい!

http://www.goldenoldies2012-fukuoka.jp/

大丈夫。レベルが1~10まであって、我がロールズは「レベル1」で登録しています。

もちろん、この大会に出場しなくても(つまり、35歳以下でも)、このチームへの参加は可能です。

このチームのキャプテンは、スターブランドCLUBの古いメンバーであり、著書に『儲かる会社は知っている!なぜ桃太郎はキビ団子ひとつで仲間を増やせるのか?』がある、岩崎聖侍さん。ラガーマンであり、アホアホ戦略のスペシャリストなので、こういうことに乗ってくれるだろうな~と声をかけたら、快諾してくれました! ありがたいです。




岩崎さんが練習メニューなどを組み、素人でも(僕も超素人なので)全然OK! この大会での1勝を目指します。

大会は福岡での開催なので、いきなりの参加でもいいので、ぜひとも九州メンバーも加わってください!

ユニフォームつくります!
ウェブつくります!
アホアホBLOGもはじめ、大会までのチームの成長を記します。
めちゃくちゃノイズを起こします。
じゃないと、ラグビー人気に貢献できないので。

だから、どんどんこの活動を宣伝に使って欲しいです。

大会も、このチームも、女性も参加もOKです!
ぜひとも、ふるってご参加ください。

チーム登録のことがありますので、
ぜひとも今すぐ決断! 参加表明を、フルネームと生年月日を明記の上、下記にメールください。

info@starbrand.co.jp (ラグビー係)

一緒にジムでトレーニングをしたり、ラグビーの試合を観に行ったり。
そうそう、日本は7人制のラグビーは強いです。

だから、その世界大会が毎年香港で行われるのですが(3月)、その「香港セブンス」も、みんなで観に行きたいと思います。

その大会後、チームは解散します。
10ヶ月、ラグビーに染まりきる日々を、ぜひ一緒に!
それでフィジィカルの強化になったら、全然プラスだと思います。

すっごいカッコいいチームになるはずです!

* 申し訳ありませんが、本チームへの参加はスターブランドCLUBの会員・メディア会員、そしてその紹介者だけに限らせていただきます。

僕なんて、最近はラグビーのルールブックが愛読書だし、移動中はずっとラグビーマガジン読んでいます。でも、こうして世界が広がると、すごくいいですよ。だって、なんで南半球ばかりで盛んなんだか、不思議に思いません? だから、近いうちにフィジーとか、トンガとかも行ってみたいと思います。

LIFE IS SHORT!
PLAY HARDER!
MUCH MUCH HARDER THAN YOU THINK!

フットサル?
そんなの同時進行です。

マラソン?
フルマラソンのためにトレーニングするのではなく、フルマラソンが基礎練習くらいの勢いでいけばいいじゃないですか?
Text by Ryu Murao
──小さな会社のブランド戦略 スターブランド株式会社
  • Home >
  • スターブランドCLUBについて >
  • RYU Blog >
  • 日記 >
  • 日本には厚いリーダーが足りない。