スターブランドCLUBについて

スターブランドSTYLE

〈第6回〉大平町児童館

2011年05月01日
会社やお店での打ち合わせ……。出てくる飲み物は第一印象に関わります。
ドリンクはブランディング! これこそ、ラスト10%のツメです。

ここ数年、メディアにも多く登場した大平町児童館は、栃木県にあります。それまでは単なる児童館だったのですが、公募により館長が一気に若返り。スターブランドCLUBのメンバーである市村直哉さんが就任しました。フォーカス力で“理数系に強い児童館”にした途端、地域に名が知られるようになりました。遊びやインテリアは、全部サイエンス! こんなに世界観とコンセプトがしっかりしている児童館なんて、なかなかありません!

江口恵子
江口恵子
Keiko Eguchi インテリア&フードスタイリスト

児童館のイメージってみなさんどんな感じでしょうか?? 近所の子供達が来て遊ぶところ? 子供頃に行った児童館を思い出すと、季節の行事、例えばクリスマスのお楽しみ会やお餅つきなんかをやっていたり、絵本の読み聞かせ会があったり。ただ単に遊ぶ場所というよりちょっとだけお利口なイメージもありませんか。大平町児童館は特に科学に特化した児童館というのが特徴なので、ここはやはりドリンクも「実験的ドリンク」でいきましょう! 子供だけではなく大人だってなんだかワクワク嬉しくなるドリンクですよ。

色が変わるお茶・マロウティ

色が変わるお茶・マロウティ

ブルーマロウというハーブティがあります。その名の通り、紫がかったブルーのお花のお茶で、お茶の色もブルーです。
ポットに茶葉を入れて熱湯を注ぎ3~5分むらしてカップに注ぎます。ブルー系色の飲み物ってあまり身近に無いんですよね、なんだか不思議な感じ・・・・そしてここからがもっと不思議。レモンのスライスを浮かべましょう。すると、ほらっ薄いピンクになるんです。まるでリトマス試験紙の実験ですね。色の変化が分かりやすいようにカップの色は白そして数字の形をした持ち手です。色のイメージとはちょっと違った優しくまろやかな味とのギャップも面白いお茶です。

手作りソーダー

手作りソーダー

お次は、実験的プラス制作的要素も加わったドリンクです。
グラスに水120ccとクエン酸小さじ1/2を入れてよく混ぜます。そこにお好みの果汁100%ジュース大さじ3と砂糖大さじ1も加えてよく混ぜます。更に重層を小さじ1/2を加えて静かに混ぜます。
するとどうでしょう、グラスの中でシュワシュワ発砲し始めます。
最後に氷を入れてよく冷やしましょう。冷たい方が断然美味しいですよ。この手作りソーダーを作るプロセス、子供はもちろん大喜び、大人は童心に帰って目を輝かせるはず??今回はビーカーを思わせる軽量カップで作ってグラスに注いでみました。手作りソーダーに添えるお菓子は味もパッケージも懐かしい雰囲気のラムネがぴったりですね。

江口恵子
インテリア&フードスタイリスト
素材感を大切にしたスタイリッシュなスタイリングと実生活に即した生活提案が人気。また「心地よい暮らし」を提案するナチュラルフードカフェ bio table mocha のオーナーとしても様々な活動中。www.l-d-u.net www.mo-cha.com

本コーナーに登場を希望される会社・お店は、ぜひお気軽に、info@starbrand.co.jpまで
(スターブランドCLUBの会員に限定させていただきます)。
  • Home >
  • スターブランドCLUBについて >
  • スターブランドSTYLE >
  • できる会社はドリンクが違う! >
  • 〈第6回〉大平町児童館