スターブランドCLUBについて

スターブランドWORKS

リーダーの決意の印!

2012年02月01日
リーダーの決意の印!

リーダーの決意の印!
社内プロジェクトをロゴ化&ブランド化する

クレドを浸透させることは簡単ではありません。たったの1項目でさえ、チーム全体が深く理解し行動できるようになるのに、1年費やして浸透するかどうか。 しかし1つだけでも浸透できたのなら、しめたものです。

そこで毎年1つ、クレドの中から、共通して意識すべき項目を《社内のテーマ》にして宣言することをおすすめします。そして1項目の「使用頻度をいかに上げるか」に、とにかく集中しましょう。その環境を整える方法を今回は提案します。

今年スターブランドでは、社内で「PERFECT ORGANIZATION.2010」というテーマに取り組んでいます。この言葉を口ぐせとし「村尾隆介不在でもまわるようなチームづくり」のため、あらゆることの業務分業化を整える、そんな1年に位置づけています。

ところで、このプロジェクトには、ご覧のようなロゴがあります。『社内プロ ジェクト』のロゴです。楽しくビジュアライズし、社内の文書など目につく場所へ頻繁に登場させると、自然とプロジェクトの存在を意識するきっかけが生まれます。この「遊び心を持って浸透させる」のチカラの絶大なことといったら! 可愛らしいロゴは、見るたびに、語らずとも雄弁にエッセンスを伝えてくれます。ポスターやステッカーにして、どんどん広げていけるのも特徴です。

もちろん、実際の行動で表現していくことで、はじめてテーマが浸透したことになります。スターブランドでも、日報に項目を設け、このテーマに対して、「その日、実際に何をしたのか?」の報告を義務付けています。1つのテーマに絞り込み、口ぐせ化、ロゴ化することによって行動への意識付けをする。1年間、徹底した行動を繰り返していくからこそ、現実とのギャップが埋まり、ブランドが育っていくのです。
 
それにしても、こういうユニークなアイディアはどこから生まれてくるのでしょう? ヒントは『EXILE』と『カルロス・ゴーン』から得たもの、と村尾隆介は答えま した。
 
『EXILE』は2008年に「EXILE PERFECT YEAR 2008」を宣言し、「最大級の スケールでEXILEを楽しんで欲しい」というシンプルメッセージを、活動を通じてファンへ伝え続けました。その言葉の通り、アルバム、雑誌創刊、ツアー、アニメ、劇団など、実にエンターティナーとしての幅を広げ、レコード大賞受賞冠を達成。NO.1へと踊り出ます。たった1つの合い言葉をもとに、楽しみながらチャレンジし続けた結果です。

『カルロス・ゴーン』は1999年以降、中期経営計画を次々に発表します。注目したのは、彼がその時どきの経営プロジェクトをロゴ化し、記者会見で必ず使用して いたことでした。社内プロジェクトをロゴ化し、わざわざ公の場で発信する、それは経営者の決意の深さを象徴する表現です。多くの人に印象を残すからです。その後のコミットメント達成の鮮やかさは、言うまでもありません。
 
実は、今こそ経営者にトライしてほしいと村尾隆介が願うのは、『「今年、いちばん実現したい大切なこと」を高らかに宣言し、社内外全ての人と約束をすること』なのです。そのはじめの一歩を踏むのはリーダーの重要な役割。口ぐせや ロゴはまさにリーダーの決意表明の印でもあります。ぜひ、勇気あるアクションを仕掛けてほしいと思っています。《完璧な1年》に、レッツトライ!

Text by Aya Murase

  • Home >
  • スターブランドCLUBについて >
  • スターブランドWORKS >
  • スターブランドWORKS >
  • リーダーの決意の印!